Posted by at

2015年03月02日

夜晚不再寧靜

如此的夜裏,總感覺有種莫名的思緒在四處遊蕩。有時,也會使人變得堅強,寂靜的夜我擁有了真正的靈魂,遊蕩在黑暗的世界裏,忘記了孤獨和寂寞,咬著自己的手指,有液體流出,有點鹹,如淚水一般味道,只是看不清它的顏色。雨聲敲打玻璃的聲音越來越微弱,心漸漸的恢復了平靜的姿態。這寂靜的夜,是一天裏最幽靜,最深邃的時光,而我抱著單薄的身軀,放飛思緒,任它在空氣中流竄,倦了,閉上眼睛,夜寂靜,心憂傷!往事如煙,漸漸的淡了,遠了,散了,如不是因為遺忘,那就是因為珍藏。樂曲在空氣中流轉起舞。它讓我想起藍天,卻更加寬闊;它讓我想起森林,卻更加深邃:群鳥啁啾,落葉簌簌,流水潺潺,與一切一切靜謐細微卻又透明的聲音中穿行,寂靜卻從未消失。我想,音樂不只是一種感官的享受,更是一種心情,一種感悟。

寂靜中,隨音樂聆聽花開聆聽似水的光陰,遙遠的往事在寂靜中顯現。生活需要回味,人世間一切的庸俗、淺薄、貪婪都在寂靜中濾過,如一泓秋水,洗淨了心靈的蕪雜和污垢。靜下心來,仔細地想……似乎不論什麼,都好像是從寂靜開始的。春天的柳芽,夏天的花朵,秋天的瓜果,以及冬天的瑞雪,都在寂靜中孕育,寂靜中成長,然後又在寂靜中盛出,一切都是這樣安靜而祥和。沐浴在秋天的陽光裏,好象看見風正和秋玩著捉迷藏。抬起頭,看見滿天的雲朵,正輕緩的移動著腳步,在藍色天空的映襯下,顯得更加盈潤,甚至丰姿卓約起來。此時此刻,雲的步伐卻依舊沒有打破寂靜的美麗。“落霞與孤鶩齊飛,秋水共長天一色”安寧靜謐、光影和諧,意境開闊。每一次讓思緒沉浸在這種意境裏,我似乎就忘記了一切,昇華成了一片雲抑或是一陣風,飄蕩在天地之間,遨遊於萬物之中。在那裏,沒有了塵世的浮華和喧囂,有的只是一種毫無拘束的輕鬆和愜意。美的極至是不造作,不張揚,不喧鬧,是無聲,是靜默,是和諧,寂靜的夜伴著寂靜的人!

如此的夜裏,總感覺有種莫名的思緒在四處遊蕩。有時,也會使人變得堅強,寂靜的夜我擁有了真正的靈魂,遊蕩在黑暗的世界裏,忘記了孤獨和寂寞,咬著自己的手指,有液體流出,有點鹹,如淚水一般味道,只是看不清它的顏色。雨聲敲打玻璃的聲音越來越微弱,心漸漸的恢復了平靜的姿態。這寂靜的夜,是一天裏最幽靜,最深邃的時光,而我抱著單薄的身軀,放飛思緒,任它在空氣中流竄,倦了,閉上眼睛,夜寂靜,心憂傷!往事如煙,漸漸的淡了,遠了,散了,如不是因為遺忘,那就是因為珍藏。樂曲在空氣中流轉起舞。它讓我想起藍天,卻更加寬闊;它讓我想起森林,卻更加深邃:群鳥啁啾,落葉簌簌,流水潺潺,與一切一切靜謐細微卻又透明的聲音中穿行,寂靜卻從未消失。我想,音樂不只是一種感官的享受,更是一種心情,一種感悟。

寂靜中,隨音樂聆聽花開聆聽似水的光陰,遙遠的往事在寂靜中顯現。生活需要回味,人世間一切的庸俗、淺薄、貪婪都在寂靜中濾過,如一泓秋水,洗淨了心靈的蕪雜和污垢。靜下心來,仔細地想……似乎不論什麼,都好像是從寂靜開始的。春天的柳芽,夏天的花朵,秋天的瓜果,以及冬天的瑞雪,都在寂靜中孕育,寂靜中成長,然後又在寂靜中盛出,一切都是這樣安靜而祥和。沐浴在秋天的陽光裏,好象看見風正和秋玩著捉迷藏。抬起頭,看見滿天的雲朵,正輕緩的移動著腳步,在藍色天空的映襯下,顯得更加盈潤,甚至丰姿卓約起來。此時此刻,雲的步伐卻依舊沒有打破寂靜的美麗。“落霞與孤鶩齊飛,秋水共長天一色”安寧靜謐、光影和諧,意境開闊。每一次讓思緒沉浸在這種意境裏,我似乎就忘記了一切,昇華成了一片雲抑或是一陣風,飄蕩在天地之間,遨遊於萬物之中。在那裏,沒有了塵世的浮華和喧囂,有的只是一種毫無拘束的輕鬆和愜意。美的極至是不造作,不張揚,不喧鬧,是無聲,是靜默,是和諧,寂靜的夜伴著寂靜的人!

夜晚不再寧靜,但終歸是有寧靜的,因為夢中的場景還是那麼一片燦爛的寂靜。我能聽見雨滴偶爾打在窗戶上的聲音,無意間打破了夜的寂靜,而心,仍舊一片沉靜,我能看見風不甘寂寞的影子,無意間劃破夜的安寧。而我,依舊一陣傷懷,這風,這雨,給這清冷的夜增添了少許生動,我能感受到的是悠長夜裏的絲絲憂傷。超越生命的本真,睿智與理性共存。文章厚實,耐人品味。我坐在窗的一角,聽著雨細細的下,看著風肆意的吹,似乎都很有節奏,告別一切工作的煩惱,拋開生活中的瑣碎雜念,撤掉爾虞我詐的防線,摘下麵具,脫掉面紗,在這個叫做寂靜的夜裏,獨自品味孤獨。寂靜的夢裏,總是那般溫暖,紫色的蝴蝶總會在眼前翩翩起舞,轉而又消失。抑或是那縷淡淡的紫光和一束紫色的茉莉靜靜開放,抑或是一碗香噴噴的蛋炒飯,抑或是沒有人的金色舞會現場。所有的一切都是如此的寂靜。,但終歸是有寧靜的,因為夢中的場景還是那麼一片燦爛的寂靜。我能聽見雨滴偶爾打在窗戶上的聲音,無意間打破了夜的寂靜,而心,仍舊一片沉靜,我能看見風不甘寂寞的影子,無意間劃破夜的安寧。而我,依舊一陣傷懷,這風,這雨,給這清冷的夜增添了少許生動,我能感受到的是悠長夜裏的絲絲憂傷。超越生命的本真,睿智與理性共存。文章厚實,耐人品味。我坐在窗的一角,聽著雨細細的下,看著風肆意的吹,似乎都很有節奏,告別一切工作的煩惱,拋開生活中的瑣碎雜念,撤掉爾虞我詐的防線,摘下麵具,脫掉面紗,在這個叫做寂靜的夜裏,獨自品味孤獨。寂靜的夢裏,總是那般溫暖,紫色的蝴蝶總會在眼前翩翩起舞,轉而又消失。抑或是那縷淡淡的紫光和一束紫色的茉莉靜靜開放,抑或是一碗香噴噴的蛋炒飯,抑或是沒有人的金色舞會現場。所有的一切都是如此的寂靜。  


Posted by 寂しい夜 at 16:53Comments(0)

2015年02月05日

風向哪個方向吹

不知道風向哪個方向吹,吹落夢中多少花,低歎多少緣?碧蓮落池閣,跳動娉婷月光傍水,撥動古琴絲弦切雜,撩動雲煙深處水痕。迎春花唱響了Maggie Beauty好唔好一樹一樹的花開,於千年後欣欣然醒來,望月,塞外情思,駿馬踏浪。三秋桂子,十裏荷花,水墨江南,古巷煙雨中題賦、吟詩、寫詞、譜曲,別致亭臺閣樓,無味醉在秦淮槳聲燈火岸,折斷玉簪落釵鳳,愁刹,吊絲帕,於一幅古畫中抽絲,花含香,水無痕,墨染手,採擷芳菲繞指尖,行雲流水舞清影。

風向哪個方向吹,吹散了一季的桃枝,花萼輕盈織成花語,青山隱隱,古寺鐘聲中吟唱一曲弦樂。相逢在西子湖畔,梢公的吆喝聲中盼啊盼,千年的約定,於紙箋翻開墨香,朵朵是前世的盼望。凝眸,輕燕掠水,撐一支長篙,蓮花綻放,點綴了漁舟晚唱,燈火闌珊處一絲淺笑。那一低頭的溫柔,不甚嬌羞,誰能解讀風之溫情,花之淚語?

風向哪個方向吹,荷葉翩翩,溪水潺潺,微光暈暈,青石上吹一曲管樂,踏浪,心湖漣漪,離別黃昏後才上眉頭卻上心頭。涼風習習,誰在等候,孤寂地折一把桃花扇,落英繽紛,化蝶翩翩,續一段前世的約定,今生的遇見。關關雎鳩,在河之洲,岸芷汀蘭,伊人在水一方,共赴一場月下待杜鵑不來。誰把鵝黃藏在心,抒情人間四月天,執子之手,與子偕老?誰能飲一樽煮酒,望月水之痕?

風向哪個方向吹,聽雨,那一低頭的溫柔,唇角如Maggie Beauty好唔好發酵的酒。柳成煙雨漂度秋,卷四月天墨染手。不知哪一季風,哪一輪月,翻開蝴蝶夾子,映出了西邊的雲彩,赴千年後的一場約定,江南煙雨的小巷徘徊,落一款油紙傘,把六月的情寄一闋樓臺,翠煙碧波中覓畫中人。獨上西樓,花滿樓,滴不盡相思血淚拋紅豆,青青子衿,悠悠我心。誰剪一縷清風袖,轉一輪明月瀟湘?

風向哪個方向吹,踏過小巷的青苔,剪窗花,琴聲悠悠,一曲離歌負了誰的情,背了誰的心?離愁、離愁,一寸相思一寸灰,一場天荒地老,紫薇閣君情亦妾心,潮水應有信,一葉扁舟萬重山,歎、歎,長相憶枕水入夢,笑癡三分癲七分。百花爭妍俏牡丹,於心尖上執著刻下浴火鳳凰,秋風蕭瑟天氣涼,涼個透,梧桐樹下細數流年,春江花月夜,風含情,拈花一笑,望月,水中茉莉。

風向花枝吹,誰傾一世柔情忍淚揮清風劍,碎碎念,千千結,情真,痛幾分。人生如朝露,幾何時,行雲繞纖指,流水纏悱惻。不知天上宮闕,纖雲弄巧,飛星傳恨,水舞清影,煙波浩渺中清瘦了詞,消解一曲離愁。時而透過月如鉤,皎皎玉盤,花枝搖曳,樹影婆娑,清風徐來,於千年的約定守望。遙遙無期,念一段今生的Maggie Beauty好唔好緣暫,尋一方城池,翻竹簡木犢,素箋畫中人。花滿樓,吟雅詩,彈小曲,布星羅,君問歸期,十指相扣,從未遠去。依稀往夢似曾見,心內波瀾現,誰人的琴聲撥動心弦,回眸一笑,雲帕折疊魚肚開,小巷煙雨映出塵飛揚,一樹一樹的花開,裝禎古畫印記,採擷芳菲繞指尖,行雲流水舞清影。  


Posted by 寂しい夜 at 16:22Comments(0)親親子衿

2015年02月03日

別にいいん

先日大阪に行った話は昨日書きましたが、行き着く先がホテルだったもので、会社勤め時代に履いていたパンツを引っ張りだして履いていったのですが、前日に入るかどうかも確認せず、体重もほとんど変わっていないために入るものと信じ込んでいました。

が、しかし・・・。

ウエストの堕落が著しく、以前は兒童復活節禮物セーターを中に入れてもまだ手が入るくらいだったパンツのホックがキツイ!

食事会にお呼ばれだったので、こんなキツキツでは入らん・・・。

ということで、セーターは上に出し、ホックは締めず、ズボンがずってきても大丈夫なようにベルトを締め、なんとか外から見ても大丈夫のようにごまかして出かけました。

ほとんど体型は変わっていないと思っていたけれど、このウエストの堕落ぶりは激しい。

以前から小型ドラム缶のごとく、締まるべきところに締まりのない幼児Dermes好不好体型そのまんま大人になってしまったようなアタクシでございましたが、

アンダーバストとウエストがほとんど変わらん現実に

別にいいんですけど。

私地域はじめじめ冷えて雨です。全国的に雨や雪が多いようです。
どちらさまも風邪などひかれませんように。

ではまた明日。
読んでいただいて曼谷旅遊ありがとうございました。  


Posted by 寂しい夜 at 10:46Comments(0)生活日誌

2015年02月03日

起こしたのか

このところ寒いから寝室は雨戸を閉めきっています。
なので光が漏れてこない、朝が来ない部屋で寝ているため、連日遅寝遅起きが続いています。
一度5時に目がDr Max覚めたのですが、さすがに早いし寒い、昨夜は2時だったので、もうちょっと寝ようと2度寝を決めました。
この2度寝が長く・・・
しびれをきらしたのか、ハクの高吠で起こされました。
時計を見たら10時でした。
あれから5時間も寝てしまっていたのです。
シッコかと思ってガバっと起きて、寝床を出てもハクの姿はありません。
ハクは蓄熱暖房機の前で丸まっていました。

あれは夢だったのか?
「あんた起こしたよな?」と聞いたのでDr Maxすが、知らん顔していました。

マジ夢だったのか?
起こしたのか?

キツネに摘まれ気分の寝起きでした。

我が家の外気温は1度です。

まあ毎年こんなもんですが、冷えます。

寒がりの我が家のワンコたちはコタツやDr Max蓄熱暖房機の傍が暖かいと認識していますので、こんな状態です。  


Posted by 寂しい夜 at 10:44Comments(0)Dr Max

2015年01月05日

焼き鳥が無くなると

 次に、肉を竹棒から抜いてくれたのだが、俺は待ちきれずに生まれて初めてお婆さんの膝の上に乗ってしまった。とは言え、緊張のあまりに俺は無意識に爪を立てて踏ん張った。
   「痛いっ、わたしはお前に悪戯をしないから、爪を引っ込めておくれ」
 またも、こんなに優しいお婆さんに傷を負わせてしまったと後悔して、もう二度とお婆さんを噛んだり爪を立てたりしないぞと思ったのだが、その後も時々やらかしてしまった。
   「やはり、俺は半野良の血が通っているのだ」

 焼き鳥が無くなると、俺はスゴスゴと縁の下に引揚げて、もう餌は貰えないかも知れないと思いながらしょんぼりと、いつもの寝場所に蹲って昼寝をしてしまった。

 夕方、俺はお婆さんの声で目を覚ました。
   「ケースケ、ケースケ、出ておいで、餌の時間だよ」
 ケースケって何だろう、俺を呼ぶ時は「来い来い来い」とか、「にいにいにい」とか呼んでいたのに、新入りの猫が来たのかなと、俺はちょっと縄張り意識を燃やした。だが、それは違っていた。お婆さんは俺を呼んでいたのだ。これはずっと後にわかったことだが、ケースケとはお婆さんの死んだ息子の名前だったのを俺の名前にしたらしい。
   「今まで縁の下から滅多に出てこなかったから、名前なんか要らなかったのだけど、お前もわたしの膝に乗ってくれたのだから、もう半野良じゃない」
 お婆さんの手を噛んだり、膝に爪を立てたりしたのに、お婆さんはちっとも怒ってはいない。俺は、益々お婆さんが好きになってしまった。
一に殘花
囈語千年
神秘の花園
咫尺天涯
それでは靑
悲しみの花
かつての時間
小橋流水
悠々と揺れる
玉のような宝  


Posted by 寂しい夜 at 13:18Comments(0)生活日誌